1. HOME
  2. ブログ
  3. 2020年阪急展出品作品紹介2

2020年阪急展出品作品紹介2

先日阪急うめだ本店美術画廊にて篠原貴之水墨絵画展が開催されました。

今年は残念ながらコロナウィルスの影響から、足を運んでいただくことが難しい状況でした。

そこでお越し頂けなかった方にも、画像だけでもご覧いただければと思い、ブログでも出品作品を順次紹介してゆきたいと思います。

2回目は桜のある風景パート2

描きたい人のために、描いた際意識したポイントを少し添えておきます。

インクライン

インクラインは京都蹴上にある琵琶湖疎水の琵琶湖側の高い水面と、京都側の低い水面とを台車でつなぎ舟が行き来できるようにした場所。京都の桜の名所の一つで線路沿いに植えられた桜並木を、線路の上を歩きながら楽しめる。台車の微妙な緑の色が桜の色と響き合い、色付きはじめた春の景色を演出してくれる。

 

上千本春景

吉野の上千本は桜が少なくなり、中千本のように全体を引いて眺め、見渡す限りの桜という構図は期待できない。けれど道が谷沿いを巡り見晴らしがよいので、高低差のある面白い構図を見つける楽しみがある。急な斜面に咲く桜の白さと、それを際立たせる影や針葉樹の暗さのバランスがよい場所を、縦に長く切り取ってみた。実際の画面のサイズより細長く見えるよう描き方を工夫し、オーソドックスなテーマにも少しモダンなイメージを持たせるよう試みた。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事