1. HOME
  2. ブログ
  3. 読売新聞 関西経済面 連載『広論』篠原貴之 挿絵10

読売新聞 関西経済面 連載『広論』篠原貴之 挿絵10

2017年12月2日より毎週土曜日読売新聞 関西経済面に連載中の『広論』という関西の経済人、学識者、行政関係者の寄稿文のなかの挿絵を担当することになりました。

この寄稿文は関西経済圏の歴史と現状を解き明かし,これからの進むべき道を考えるという企画です

高い志を持った方々の言葉にふさわしい、凛とした挿絵が添えられればと思っています。

掲載後、ブログでも順次、絵を紹介してゆきます。

※この挿絵は3人の作家により持ち回りで担当しますので、私の絵は月に1~2度の掲載となります。

 


私の担当する第10回目の挿絵は 「関西国際空港」です。

広論10

「関西国際空港」 絵・篠原貴之

(2018年7月21日読売新聞朝刊 関西経済版 「広論」から)

今回はシンガポール航空日本支社長 デヴィット・ラウ氏の「満足度向上 空港も街も」という寄稿文への挿絵です。

飛び立つ機体をポイントに、関西国際空港を描きました。

広論10

2018年7月21日読売新聞朝刊 関西経済版 「広論」

私が留学試験に通って、始めてヨーロッパに行った時、シンガポール航空にお世話になりました。

小さな個人旅行のオフィスで、格安のチケットを探し、それでも片道18万円かかったと記憶しています。

勿論エコノミーの価格です。いまや手軽に誰でも何処へでも行ける時代になりましたが、白い機体が飛び立つ姿には今も夢を感じます。 期待と不安を胸に、祖国を飛び立つ、当時の気持ちをイメージしながら描いてみました。

読売新聞『広論』等 篠原貴之の他挿絵の紹介

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事