1. HOME
  2. ブログ
  3. 動画 篠原貴之水墨画塾Vol.16

動画 篠原貴之水墨画塾Vol.16

JUGEMテーマ:水墨画を学ぶ
 

動画 篠原貴之水墨画塾Vol.16 アップしました。


今回は、私が使っている紙についてです。



動画をご覧頂いている方からの質問に応え、私が使用している紙について説明します。

 

動画 篠原貴之水墨画塾 Vol.16
https://www.youtube.com/watch?v=QpxEannnj-s
水墨画塾vol.16
篠原貴之水墨画塾で使用している紙は、ドイツ製のハーネミューレという版画用紙です。­この紙の特徴は、墨を置いたときに横には滲まず、紙の奥に入っていくということです。
同じ墨色でも奥まで入れれば濃く見え、表面だけに入れると薄く見えます。その特徴のお­かげで、運筆によって墨色を変えて描くことができます。
水墨画は水墨自体の自然なにじみの色や形の広がりの面白さと、作者の意図的な色と形と­のバランスが大切です。
この紙は横に滲まず、作者の意図的な表現がしやすいため、そこに新しい水墨表現の可能­性を感じています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事