1. HOME
  2. ブログ
  3. 動画 篠原貴之水墨画塾Vol.17

動画 篠原貴之水墨画塾Vol.17

JUGEMテーマ:水墨画を学ぶ
 

動画 篠原貴之水墨画塾Vol.17 アップしました。


今回は、「紙を濡らす。」です。



紙の湿度を変えることによって、墨色や形に変化を与えることが出来ます。
まさしく水と墨とが織りなす絵の醍醐味です。


 

動画 篠原貴之水墨画塾 Vol.17
https://www.youtube.com/watch?v=j1Vn2E_Bc0w
動画vol,17
水または淡墨で画面を濡らし、紙の状態に変化をつけて描くという技法は、遠景を生かす­ためのポイントになる近景等によく使われ、広い面積を抽象的に処理するには最適の技法­です。
たっぷり濡らすところ、紙の表面だけ軽く濡らすところや、水を引かないところを作り、­一番濡れた場所から大胆に描いていきます。
水分の多いところ程滲みやすく、描いた形がぼやけます。また、水を引いてからどのタイ­ミングで描き始めるかによっても効果が変わります。
作者が意図する情感と、水の引き方を重ね合わせることが、印象的な絵づくりのヒントに­なります。








 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事